株式会社微酸研は「微酸性電解水」の発明者が創業した会社です。

HACCPツールとしての微酸性電解水活用法

【 使用例のご紹介】
  

厚生労働省が推奨する HACCP (ハサップ)手法における重要管理点(CCP:Critical Control Point)とは、安全な食品を提供するために、 製造過程において、危害要因(有害な微生物や化学物質等)を除去または許容レベルまで低減するのに管理可能かつ不可欠なポイントです。
微酸性電解水はこの過程において有効であるばかりでなく、作業員の手洗い、調理・加工器具の消毒、調理場の床洗浄, CIP(Cleaning in Place=定置洗浄)など、幅広く活用することができます。







お問い合わせ・ご相談