株式会社微酸性電解水研究所は「微酸性電解水」の発明者が創業した会社です。

ホーム > 微酸性電解水の用途 > 農業畜産における用途例

微酸性電解水の農業畜産における用途例

■ メリット
作業者にとっての
メリット
  • ・ 作業中に作業者にかかっても、吸入しても害がない。
  • ・ 防護服が不要で夏場の作業が楽。
  • ・ 臭いや刺激がないので、作業が快適。
作物・収穫物に
とってのメリット
  • ・ 酸焼、薬品障害等の一般的な植物害がない。
  • ・ 塩類を含まないので塩害がない。
  • ・ 収穫物に残留しないので、出荷直前まで使用できる。
  • ・ トリハロメタンを生成しない。
  • ・ 使用後すぐに収穫消費できるので、イチゴ、トマトなどの観光農園に最適。
環境にとってのメリット
  • ・ 土壌に塩や薬剤が蓄積しない。
  • ・ 水系に影響しない。
■ 用途
一般
  • ・種子殺菌
  • ・機械器具、作業場の殺菌
  • ・収穫物の清掃殺菌
  • ・流通、販売時の給水、加湿
  • ・貯蔵品の腐敗防止
  • ・加工場での衛生管理
温室栽培
  • ・黴病予防
  • ・収穫前消毒、イチゴ、トマト等の観光農園
  • ・加湿、給水
きのこ人工栽培
  • ・栽培場の黴汚染防止
  • ・植菌作業時の雑菌汚染防止
  • ・芽欠作業時の汚染防止
酪農
  • ・家畜皮膚の清浄化、皮膚病の予防
  • ・搾乳作業時の乳汚染防止
  • ・畜舎の噴霧冷却
  • ・屠殺場での衛生管理
  • ・放流廃水の殺菌
果樹園芸
  • ・黴病の予防
  • ・給水
  • ・収穫直前、直後の殺菌
植物工場 種苗殺菌 / 室内除菌 / 水管理 / 収穫物殺菌
お問い合わせ・ご相談